初雪

ここ何日か随分と寒いなあと思っていたらやってきました新潟の冬。雪が降ってきました。深々と雪の降る北国の冬というイメージなら、静かで凛とした、ともすればロマンチックな風情ともなるのでしょうが、ここ新潟市では雪は横から殴りつけてくる、冬将軍ともいわれますが、ここではまったくの暴君です。殺しにきます。学生の頃、電車やバスを待っているだけなのに何度かそれまでの人生を振り返ってしまう瞬間がありました。走馬燈は雪景色。ゲストハウスブログなので新潟をアピールしていきたいのですが、同じ新潟県でも、山沿いの森の中とは違い、海に面した新潟島、新潟市では初雪は悲鳴とともに迎えられます。今日も通りでは悲鳴交じりの感嘆と諦めの表情、そして皆小走りの冬の日常の始まりでした。

ぼく個人としては、ここ何年かは冬が匂い始めると同時に夏を求めて熱帯へと移動していたので久しぶりの冬を楽しめるのではと思っていましたが、先ほど外を歩いている時に全部思い出しました。あの日の走馬燈。

とはいえ、そんな厳しい冬を共有するからこそ、お酒もなべもお風呂も一層温かく、思えば人との距離も近くなっているのが新潟の冬です。きょうもブックインでは同窓会の後の皆さんが窓の外の初雪をみながら暖かい談笑が続いてます。いい冬になりそうです。皆様お待ちしております。

高橋

BOOK INN HOSTEL

新感覚ゲストハウス 新潟市中央区弁天3-1-21 菊地第1ビル4F ☎025‐290‐7322

0コメント

  • 1000 / 1000