BOOK INN

記事一覧(49)

冬の初めに

昨年に続き本格的にこちら新潟市に冬将軍到来のその日にブログの更新をしております。昨年は凄まじい大雪、大寒といっていい冬でしたね。鬼将軍。今年は勝手な希望的観測、スーパー暖冬、春のような冬を予想しています。あまい、アメムチのアメ将軍。おねがいします。このところ、冬の読書タイム充実にむけてスタッフ本棚の再整理に励んでいます。あまり目に留まっていなかった本たちを発掘、前出し。少しずつ増えてきた結果、パンパンになった棚のスリム化。その際も本棚から断捨離関連の本を探し出して、参考にしながら。暖冬になるという希望的観測はありますが、それでも寒い新潟の冬、ほっこり温かい読書空間を更に充実させていきますのでご宿泊はもちろん、ほんの少しのフリータイムもぜひご利用していただきたいです。良い本、大好きだった本を大掃除しながら本棚の奥に見つけてしまってまた読み始める…あるあるはもちろんここでも頻発しています。谷口ジローさんの漫画文庫本、『犬を飼う』― 僕は個人的には、好きすぎて困ってしまう作家さんの一人です。『孤独のグルメ』がテレビドラマで有名になったので知名度はありますが、散歩者の夢想もの、つげ義春を筆頭にひとつのジャンルですね。の『歩くひと』ヨーロッパだと知らない人はいない『遥かな町へ』、夢枕獏原作で作者が忙しい谷口さんに漫画化するならあなたしかいない、と頼み込んで、結局原作はこの漫画のためにあったといわれたらしい『神々の山嶺』、フランスでは神格化されてるそうです ― またチラ見しておりましたがいいですね。谷口さんの画は精緻で、美味しそうな湯気のたつ食べ物、冷たそうな痛そうな冬山の山肌など、写実的ではあるのですが、そこに思念、情感の深みが加わって豊かな表情を持つに至ってます。その表情が表現するコマのなかの空気感とその空気感とともに伝わるストーリー、メッセージ。この『犬を飼う』では愛するペットと暮らすこと、それはその最期まで看取ることでもあり、生命への責任をもつことである。沁みますよ。読みに来てください。是非。冬ですね。いやはや。

ペンギンリーダーズあります。

こんにちは、スタッフYOSHIです。今年ももう9月が終わりすっかり秋です。読書がすすみますね。フリータイム(4h/1000円)でのご利用もお待ちしております。さて今回のテーマは英語です。今、日本中の観光地は外国人であふれかえっているそうですね。新潟も他の観光地に比べるとまだまだですが、当ゲストハウスにも結構な割合で外国の方が宿泊します。ここブックインは外国のゲストの対応(日本語が話すことができない方)としては英語のみです。これで結構対応できているんです。実際には英語圏ではない外国のゲストの方が多いのですが、日本を旅する外国人はほぼ英語を話しますのでつくづく便利な言語だなぁと思います。日本人で英語を学習しようと思う人が多いのもうなずけます。(義務教育でもありますが…。)英語上達の一つの早道は多読だとよく言われます。ブックインにも英語学習用に海外の本をリライトして読みやすくしたシリーズ、ペンギンリーダーズコーナーがあります。このペンギンリーダーズ、学習用にレベル(1~6)があるのでビギナーから上級者まで幅広い層の人が英語学習に利用していて、多読にはもってこいです。ディケンズやオースティンなどの名作を原文で読むのはかなり大変ですが、レベルに応じたリライト版であれば、楽しく読めるはずです。短くまとめてもあるので早い人なら1時間ほどで1冊読めるのではないでしょうか。